Vesta 51号岐路に立つ日本のお茶

2003.07.10

責任編集 熊倉 功夫(国立民族学博物館教授)

 

表紙画:奥山民枝
お茶は、今流行傾向にある。新幹線の通路を歩いてみると、座席前のポケットには、緑茶から混合茶まで、お茶と名のつくペットボトルで座席は花盛りである。長い間、低落傾向にあった日本人のお茶の消費量は、1992年に、17年ぶりに上昇へ転じた。そこへペットボトルブームであるから、日本人のお茶離れは止まったかのように見える。
しかし私はそう思わない。今、日本のお茶は岐路に立っている。抱えている問題は、日本の食文化全体の抱える問題の縮小版ともいえる。ファーストとスローの二極分化が進行して、家庭料理にあたる家庭のお茶が空洞化している。安全で健康によくて、適正な価格でおいしいお茶を、われわれが日常に楽しめてこそ、お茶離れを本当にとめることができるだろう。
(「特集によせて」より)
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 岐路に立つ日本のお茶

 

カラー企画 世界の食の情景7・オーストラリア 「あたらしい食への冒険」  解説:小山修三/写真:廣津秋義
日本のお茶・茶業の現状―今、なぜ岐路に立っているのか―  小泊重洋
日本茶・生産地マップ  森 泰男
茶の香りとアロマテラピー  小林彰夫
お茶の種類  ヴェスタ編集部 
伝統と格式ある日本茶への警鐘―現代若者茶観―  谷本陽蔵
茶を飲む、食べる、料理する―その効能をさぐる―  大森正司
茶の料理とお菓子  南 廣子
緑茶・日本茶カフェめぐり  ヴェスタ編集部 
総括 岐路に立つ日本のお茶  熊倉功夫
 
〔レギュラー〕
 食卓の調味料(1) マヨネーズ  伊賀維津雄
 食からみた日本史 近代の食7 ストレスをゆるめる嗜好品のたのしみ  高田公理
 エッセイ 「酒前茶後」  黛まどか
 野生食をたずねて・8 女たちの浜辺  小山修三・岡野洋子・小川廣男
 遊牧ネネツの食文化(下)~移動生活者の食の空間と調理法~  吉田 睦
 食と倫理3 感情と説得  山口裕之
 文献紹介 ヨーロッパ食文化研究のために⑯
 『フード・アンド・フードウェイズ』  カタジーナ・チフィエルトカ
 取材 食の学習現場から 自校の茶畑で総合学習―滋賀県・朝宮小学校の取り組み―  草野美保
 文献紹介 宮下章著『海苔』  松下幸子