Vesta 45号食器の文化

2002.01.05

責任編集 奥村 彪生(伝承料理研究家)

 

表紙画:奥山民枝
民族が異なれば 顔も言語も異なる。
思想もまた同じその背景にあるのは気候風土。産物は気候風土に支配され料理と飲料は産物に支配される。
料理や飲料の着物として用いる器も 材質や形、絵柄、色調に民族性がでる。
食器は単なる容れ物ではなく、美術工芸品でもある。
本号は食器を通じて それを使う民族の思想にまでせまってみた。
その出来栄や如何。
—「巻頭のことば」(奥村 彪生)より
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 食器の文化

 

鼎談 「器の文化」  奥村彪生・高森寛子・山口昌伴
日本における洋食器普及の歴史と特色  白山和雄
―食の器― アジアの民族造形  金子量重
欧米の食卓にみる和食器の影響  伊藤 哲
食卓の楽園―食卓のイスラーム陶器の世界  尾崎/鈴木貴久子
現代人気作家「山背陶房」正木 春蔵氏に聞く ―「食器のありかた」  本多美和子
 
〔レギュラー〕
 食からみた日本史 近代の食1   食糧―「米ぶそく」から「米あまり」にいたる百年  高田公理
 古代中国の養老礼と犬肉の食用  桂 小蘭
 食文化の「混血」とその記憶  ―ハワイにおける「ローカル」・フードの事例から  森 仁志
 カラー企画 世界の食の情景2 トルコ・朝食の風景  解説:鈴木 董/写真:大村 次郷
 ヨーロッパにおける粉挽きの歴史―水車と風車―その1   原始的な石臼から水力の利用まで  H.ムラー/長尾精一
 エッセイ 「温める贅沢、冷やす贅沢―氷を使うようになったイギリス人」  川北 稔
 中国食文化情報2 ヘルシーな花茶ブーム  賈 惠萱
 文献紹介  ヨーロッパ食文化研究のために・10 『アイスクリームの世界史』  カタジーナ・チフィエルトカ
 野生食をたずねて・2 生き残る野生肉―イノシシ  小山修三・及川昭文・岡野洋子
 食の学習現場から  ドリカム・プランで夢をつかむ ―福岡県立城南高等学校の試み―  草野美保
 文献紹介  歌田 勝弘著『バイオ産業革命』  田村眞八郎