Vesta 43号食をめぐるタブーの運命

2001.07.15

責任編集 高田公理(武庫川女子大学教授)

 

表紙画:奥山民枝
世界各地の「食のタブー」にはどんなものがあるの?タブーはなぜ存在するのでしょうか?
ブタからクジラの問題まで、紛争の火種にもなる「食をめぐるタブー」の諸相と未来を展望します。
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 食をめぐるタブーの運命

 

カラー企画 ―食のタブーあれこれ―
「諏訪神社の御頭祭」  六車由実
「江戸の食い合わせ」  茂木美智子 
「越境するイスラム食文化」  樋口直人
「ヒンドゥーの牛食いタブー」  山内 昶
「地球上の産物は、いかにしてユダヤ教の法に適った食物となるか」  市川 裕
「グリーンピースの捕鯨反対キャンペーン 」  高田公理
「ムブティ・ピグミーの食物禁忌」  市川光雄
座談会 「食をめぐるタブーの運命」  高田公理・市川光雄・山内昶・吉田集而
なぜ犬を食べてはいけないのか ―韓国社会のグローバル化と犬食のゆくえ―  土佐昌樹
クジラ ―演出された現代のタブー  高田公理
「食い合わせ —食性と食制の循環」  茂木美智子
「おいしい」をもとめて ―身体意識と食のタブー―  村瀬敬子
豚はなぜタブーとされるのか  森枝卓士
東京の多文化主義社会への可能性 ―在日ムスリムと食のタブーを手がかりに―  真嶋亜有
日本の祭にみる肉食禁忌の問題  六車由実
 
〔レギュラー〕
 近代ヨーロッパの食卓 第4回(最終回) レストランの成長 ―外食の拡大と洗練―  南 直人
 エッセイ 俳味と食味  塩田丸男
 食からみた日本史 近世の食⑫ 琉球の食生活  原田信男
 アメリカ食文化最新情報⑧(最終回) イースター・ディナー  白木川富子
 食は生きるよろこび(下)  本間千枝子
 文献紹介 ヨーロッパ食文化研究のために⑧
 K・F・キップル、K・C・オネウス編『ケンブリッジ 食の世界史』  カタジーナ・チフィエルトカ
 食の文化ゼミナール 科学技術と食 (下)「食の安全性―試論―』  田村眞八郎
 取材 焼肉屋を訪ねて  草野美保
 「良い食材を伝える会」の活動紹介  窪田 富