Vesta 42号栄養(いみ)を食べる

2001.04.05

責任編集 武井 秀夫(千葉大学教授)

 

表紙画:奥山民枝
私たちは食事で単に栄養を摂取しているだけでなく、イメージや便利さ、人間関係などの「いみ」も食べています。世界各国の事例を紹介しながら、 食が持つ重層的な意味、食文化の豊かさを再考します。
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 栄養(いみ)を食べる

 

カラー企画 食文化の持つ豊かな意味世界
神饌「百味御食」  岩井宏實
インド菜食料理の基本は「不殺生」と「浄/不浄」  小西正捷
“元気な子を生み、育てたい”女性保健ボランティアの食物の視野  足立己幸
体重100キロ級トンガ人の偉大な食欲を支える"市場外"芋市場  武井秀夫
健康の源・トウガラシ  武井秀夫
シャーマンから生まれた魚  武井秀夫
神からの恵みや食べ物  堀内 勝
座談会 「栄養を食べる」とは?  武井秀夫・小西正捷・足立己幸・堀内勝
アマゾンの栄養  武井秀夫
《民族文化》を食べる —魂の栄養学—  葛野宏昭
家族とコミュニティの絆を結ぶアーミッシュの食  菅原千代志)
沖縄の野草食  上江洲 均
腹をすかせた人類学者の妄想?  栗田博之
ヴェジタリアンの豊かの食 ―豆と乳製品の利用―  小磯千尋
 
〔レギュラー〕
 近代ヨーロッパの食卓 第3回 食の科学化  ―食にかかわる新しい知の成立とその定着―  南 直人
 食は生きるよろこび (上)  本間千枝子
 科学技術と食 (上) ――食生活の評価――  田村眞八郎
 エッセイ 「食べもの記」顛末  森枝卓士
 文献紹介 ヨーロッパの食文化研究のために⑦ M・グレンツ、J・ツモル編『ロシアの文化史のなかの食』  カタジーナ・チフィエルトカ
 アメリカ食文化最新情報⑦ ローゾンデル・ピクルス・フェスティバル —漬物の国際交流—  白木川富子
 取材 日本のタイ・レストランを訪ねて  草野美保
 文献紹介 梅棹忠夫・吉田集而編著『酒と日本文明』   安本教傳