食文化情報がストックされています。

研究や勉強の参考に、メディアの編集や資料づくりの際に、また日常の話題づくりにと、使い方は自由自在。是非ご活用ください。
江戸時代の食文化を知る

錦絵アーカイブス

錦絵は江戸時代後期に始まった多色刷りの版画で当時の風俗をよく表しています。その中でも江戸時代の食文化が描かれている錦絵をセンターでは所蔵しています。錦絵の画像と簡単な解説を掲載しています。このアーカイブスをご覧になり、掲載利用(有償になります)や研究などに活用されたい方には対応をしていますので連絡ください。

錦絵アーカイブス
食文化のパイオニア

石毛直道食文化アーカイブス

元国立民族学博物館館長の石毛直道氏は、食文化研究の第一人者であり日本における食文化研究を確立しました。石毛直道氏が70年代から撮影してきた世界各国の食に関する写真を中心にアーカイブスにしました。世界80カ国以上に及び写真も2万枚以上にのぼります。現在、経歴・書籍等の資料情報も含めてアーカイブスを構築中で、整った分より順次公開します。食文化に興味のある方、研究者の方にも閲覧いただきたいアーカイブスです。

石毛直道食文化アーカイブス

大食軒酩酊の食文化

「大食軒酩酊」とは石毛直道氏の雅号で、親交の深かった故小松左京氏によってつけられました。鉄の胃袋をもち、食文化研究などで80以上の国・地域を訪れてきた酩酊先生の食べものに対する信条は、食べられるものは何でも食べる。ここでは、そんな酩酊先生の好奇心に満ちた食エピソードの数々を紹介します。お楽しみください!

大食軒酩酊の食文化